Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
デッサン力ほしい…
結局、人体で一番身近に有るモデルは自分なので
描いててわからなくなると鏡に映して描いてみるという…。

全身ポーズで鏡像デッサンできない時でも
とりあえずその姿勢をやってみて、
膝はこの位置とか、手はこの角度…とか確認してから
頭の中で再構築して紙に乗せるんだけど。

なかなか思うように描けなくて。
難しいね。

手

posted by: さなクン | 絵のこと | 03:27 | comments(0) | trackbacks(0) |-
いやはや
久方ぶりの透明水彩を手探り中。
すいさい
というか、水彩でこんな線画を着彩するのは初めてかもです。
自分の絵じゃないみたいね( ̄▽ ̄)

しっかしなんで透明水彩って、分離するというか
ネバネバした分泌物出すの〜?
アナログはコピック多用だったので
パレットの蝶番からじんわり漏れてベタベタの惨事になってた〜(>_<)
posted by: さなクン | 絵のこと | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) |-
絵は写真とは違うからね
通常自分ではやらないタイプのデフォルメを求められて
不気味に感じるのを誤魔化しながら描いたところ、
どうやらリミッター的な何かを外してしまったらしく(笑)

何がマトモでどこからが変なのか、
人型デッサンの自分の中の基準がゲシュタルト崩壊しました〜 orz
なんかバランスが変な感じするんですが、
どこをどう直せばいいのかが曖昧な感じ…。

そんな事ってあるものなのね〜。
ただ今らくがきでリハビリ中です(^_^;)

仕事が動植物中心で、人間描く事はほとんどないから
とりあえず助かってるけど。
絵描きが人を描けないってマズイだろう!
いや、車とか都会の風景とか、人造物もあまり得意じゃないですが(笑)
得意じゃないってのと、美意識のバランスが崩れてるのは別だからね。

リハビリを言い訳に、らくがき楽しんでるとも言うけど!
そこは見ないふりで!!
posted by: さなクン | 絵のこと | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |-
線画…
いつもの自分の絵の描き方は、
コピックで色をつけるにしても、PCの力を借りるので
奥から手前に物を置いていく感じなんですけど。
今回、線画淡彩を指示されて、一番手前から描くパターンを模索中。

下絵は、まあ同じような手順で描いてますが
したえ
取り込んでレイヤー重ねるズルが出来ないというかね(笑)
アナログ一枚で仕上げなきゃならない上に淡彩というのは
何ともお手上げ感… ヽ(´▽`;)ノ

鉛筆淡彩は割と仕事でも描くのですが、
ペン画は線がくっきり残る分、向こう側の空気に手が入らなくて(>_<)
どうしようコレ…。
向こう側フォーカスかけたい時は、線をどうするか…
線の太さで調整するのが一般的なんだろうけど、色線にするか…
どうすっかなぁ…
難しいですなあ orz

思うように進まないと、ついつい飴とかお菓子とか食べちゃうんですよー。
体重増えちゃうよー(自爆)
posted by: さなクン | 絵のこと | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) |-
鳥獣戯画展・後期
鳥獣戯画展の後期展示、昨日行ってまいりました〜!
友達から修学旅行生でいっぱい!と聞いていたし、日曜には「外で三時間待った上、
さらに甲巻で三時間待ちと聞かされ1600円支払って炎天下に三時間並んだけど
諦めて帰った」って人の話を読んだので、それなりに覚悟してったんだけど

午前中は用事があったので、会場の平成館に着いたのが12時半くらい。
館内には、70分待ちという公表より早く入れましたが、甲巻の170分待ちというのは
確かにそれくらい並んだかも…という感じでした。
修学旅行生はいなかったけどね。(JRの公園口付近でいっぱいすれ違ったけど!)
存外お年を召した方が多くて、皆さんそんな長く立ちっぱなしで大丈夫なのかなと、
他人事ながら心配になってしまいました。
実際、甲巻並んでる時に、もう半分くらいまで来てるのにリタイアされた方を見ましたし。
期間のあるものだし、人気あるしで、仕方ないことだけどね…。

いやしかし、やっぱり原画の持つ力って凄かったです。
前期・後期ともに、原画を出せない部分はレプリカが展示されてるわけですが
生で見る線とは全然違う。
今時の技術を駆使すれば、もっと本物に近付けられるんじゃないの?
本物の有り難みを増す為にわざと再現率下げて作ってるんじゃないの?
と邪推するレベル(笑)

展示ケース前はみんな一列で移動しながら鑑賞するわけですが、会場整理の人が何度も、
じっくり見たい人は後ろに下がって見ていいと言っていたので、遠慮なく立ち止まって
じっくり眺めさせてもらいました。
皆さん最前列かぶりつきで見たいのか、綱の内側は余裕あるのに一列縦隊なんですね〜。
存在しない二列目を一人で作るのはけっこう勇気が要ったけど(笑)
一期一会ですから、許されてるマナーの範疇ならそりゃ立ち止まるわ。
有名な兎と蛙の図も見事でしたが、虎の絵が生で見られてほんと嬉しかった!

あー、マナーと言えば。
数メートル毎に係員が立ってる甲巻の展示では流石にそんな事はなかったのですが
第1会場のガラスがめちゃくちゃ汚くて、展示物が見辛かった!なんてこと!!
前日は月曜日で休館だったから、多分掃除くらいしてるんだろうに、
一日保たずにあの座間ってことですか?
大人がやったなら言語道断。子供なら同行者が注意すべきでしょう〜!
まあ昨今は、中学生以上を相手にしたら、眉を顰める事でも
他人からは注意出来ない感じありますが orz

博物館の人に、ガラス汚くて見辛いって言えればよかったんだけど
会場内では展示の切れ目で言おうとすると、さっきまでいたはずの係員がいなくなってるし
じゃあ最後にインフォメーションの人に…と思ったら、
なんか関係者らしき人達が立ち話してるしで言いそびれました (; ̄ー ̄)
博物館の展示ガラス面に触る不心得者なんて、掌の汗が止まらない呪いにかかればいいのよ!!

帰って来たら、駅前で一重の梔子が花盛り♡
甘い香りが漂ってたのに、行きに通った時は気付かなかったわ。
くちなし
posted by: さなクン | 絵のこと | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-
鳥獣戯画展
土曜日のことですが。早起きして「鳥獣戯画展」に行ってきました〜!
ぎが

鳥獣戯画はもちろん、他の展示も見応えがありましたよ!
華厳宗祖師絵伝は色鮮やかで、当時の漫画というにしても凄くて
展示全部見終わった後で、もう一度じっくり見直しに行っちゃった。
みんな鳥獣戯画に行列してて、割と空いてたし(笑)

いや、もちろん鳥獣戯画も凄かったですよ。
デッサン力構成力の確かさはもちろん、描線が生き生きしてて、薄墨が効果的で。
寒気がするような天才というか、才能? こんな言い方、むしろ不遜だと思いますが!(^_^;)
他の紙でコンテは作ったと思うけど、うっす〜〜〜い墨で下絵を入れたんじゃないかなぁ…。
というか、入れてて欲しいなぁ(笑)
ぶっつけで筆を入れてあの絵って、恐ろしいです。

「最近の絵とたいして違わないな」って言ってた人がいたけど、
それをあの時代に描けるって、とんでもないことだよなぁ、と。
今はこれだけ情報に溢れた世界で、生まれた時から既に、色々な事象が解析済みで
マンガひとつ取ってもコマ割りやフキダシや、所謂「暗黙の了解」が確立済み。
その上で描くのと、何もないところから生み出す…思いつくのは全然違う。
もうね、本当に。
絵の世界に限らないけど、我々は天才が生み出した物の上で生活してるのだなって、
改めて思ったことでありました。

開場の1時間ちょい前に行ったおかげで、人気の甲巻が長蛇の列になる前に見られたし、
好きなだけ楽しんで、グッズ買って、休憩所で一息ついてもまだ2時前だったので
大祭の神田明神まで、歩いてお詣りに。

途中で五軒町の御神輿と山車に遭遇。
だし
子供の頃によく遊んだ公園、けっこう変わってました。
そりゃそうだ。そもそも中学校が今はギャラリーだし(^_^;)

神田明神は大変な人出でした。
とりー
お詣りするだけで長蛇の列!
考えてみれば、近所に住んでても明神様のお祭りには行ったことなかったなぁ。
家は西黒門町だったので、山車を引くようなお祭りといえば、五条天神さんの方。
子供同士でお祭りに行くといえば、湯島天神さんの方でした。

五条さんも今年は大祭だそうで、父にご案内が来てたみたいだから
日程が合ったら行ってみようかな。

あ、それに鳥獣戯画展も17日までで前期が終わるし。
後期はいつ見に行こうかな…。今度は平日がいいかなー。
posted by: さなクン | 絵のこと | 01:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
RGB
画像データとか作らない人には分からない話かもなのですが。
お仕事のデータをRGBで送ってしまうという大ポカを
たて続けに2件やりましてヽ(´Д`;)ノ
慌ててCMYKを送り直しました。
気がついてよかった。
何やってるのだ自分 orz
幸いまだ紙面作成中だったようで、差し替えに間に合いましたが
春ボケしすぎです(>_<)
単純にモード変更だけだと、やっぱり微妙に気に入らないので、
CMYKに直してからレベル補正したり彩度いじったり。
まぁモニターで視認した色が、印刷でどう出るかまでは分からないけど、気は心です。
同じデータを同じ印刷機器で刷っても、紙が違えば色変わるしね〜。
posted by: さなクン | 絵のこと | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) |-
地面
なんでですかねぇ?
フォトショップで色々加工してそれらしい画像は作れると思うんですが
地面メインな絵を描こうとすると、迷ったあげく
結局、透明水彩絵の具を取り出してグリグリ塗りたくることになる〜(^-^;)

スキャンしてから、どっちにしろ加工するのですが。
posted by: さなクン | 絵のこと | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |-
童美連サロン
このブログは画業以外の友人も見てるので、童美連での行事内容を
どこまで露出していいのか迷うところもありまして
先日のサロンのことは詳しく書かなかったんだけど。

童美連のHPにレポートがUPされましたので!
黒井さんや池田さんのファンの方は、どうぞご覧になってください〜♡
 →童美連トピックス

一応会員向けのHPではあるんだけど、誰でも見られる物なので、いいよね♪
自分、第一部では司会やってたので、池田さんの隣りに写っております(笑)
講師はもちろん、聞いてる方も全員絵描き。
中にいると当たり前になってたんですけど、
改めて考えると凄い空間かも知れませんね ( ̄∀ ̄)

黒井さんは編集者出身なので、編集から描く側になって間もない頃の方の
「てぶくろをかいに」は、編集目線のスタンダードな感じでした。
取説やパンフのカット用に描いた絵とか、レアな物も拝見して
ほんと色々な意味で勉強になりました。
posted by: さなクン | 絵のこと | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
サロン
童美連のサロンで、黒井健さんと池田あきこさんのお話を聞いてきました。
贅沢ラインナップ♡

黒井さんのお話は、絵の描き方…というと単語が基本的な感じですが
絵本としてのイラストの組み立て方というか、構成方法というか
…姿勢というか?

池田さんのお話は、今に至るまでの軌跡で
革工芸から始まって、絵を描くようになり、という
キャラクタービジネスを芯とした展開の色々。

具体的な手法の説明もあって、意外にお二人の描き方が似ていたり。
他にも色々と、絵描きばかりが40人以上集まってのサロンですから
精神的な内容も含め、とても勉強になりました。

サロン終了後も居酒屋に移動して雑談含め皆でわいわいと。
池田さんには本当に元気と勇気をもらって、今は「逃げちゃダメだ!」と自分を叱咤する気分。
親しい人が売り込み頑張ってることを知ったり、業界の裏話になったり
同職だから分かる話題というのもあって、こうした話が出来るのは
本当に恵まれてるなぁと思ったことでありました。
みんなフリーの人間ばかりだからねぇ。
posted by: さなクン | 絵のこと | 01:26 | comments(0) | trackbacks(0) |-